今回はフィリップスの電気シェーバーを紹介するぞ!

おれは今、フィリップスの電気シェーバーを使っている。

まずは、カミソリからの変遷を紹介しよう。

おれはカミソリでは顔が血だらけになるので、大学生になってから、電気シェーバーを買うことにした。

なぜ電気シェーバーにしたかって?

電気シェーバーの方が肌に優しいという噂を聞いたからだ。

そこで、まずおれが買ったのが、パナソニックのラムダッシュである。

一応下調べした結果、深ぞりならブラウン、肌に優しいのならフィリップス、その中間くらいがラムダッシュという情報を得たので、ラムダッシュにした(これはあくまでも当時の情報である。今はどの機種も進化していて評価も変わっていることだろう)。

あと、日本製なので、日本人にはラムダッシュが良いみたいな情報もあった。

実際に使ってみた。

確かに、カミソリよりは肌に優しい。

しかし、それでも多少の出血をした。それに、肌がヒリヒリした。

おれの敏感でやわいお肌様は「ラムダッシュでは満足できん」とおっしゃったのだ。

まったく、めんどくさいお肌様である。

それでも、なんとか三年くらいは我慢してラムダッシュを使っていた。

つまりは、三年間毎日ストレスを感じていた、ということであり、三年間、毎日ストレスに人生を邪魔されていたということだ。

つらみざわである。

さすがにつらみが極まって来たので、おれは新しい電気シェーバーを買うことにした。

そう、それこそがフィリップスの電気シェーバーである。

深ぞりは苦手だが、とにかく肌に優しいという触れ込みを信じ、買った。

実際に使ってみた。

噂通り、肌に優しかった!

剃った後、まったく肌がヒリヒリしなかった!

す、すげぇ! と思った。

しかし、メリットだけではない。デメリットもある。

これも事前の調査の通りで、深ぞりができないのだ。

どうしても、ヒゲが残ってしまう。しっかりと剃った後でも、手で触るとザラザラするし、よく見るとヒゲがゴマみたいに広がっているのが見える。

うーむ。

人生、上手く行かないものである。

あっちが立てばこっちが立たず、こっちが立てばあっちが立たず。

どうやら、それが世の摂理らしい。

ええ、いいでしょう。

それならそれで、策略を練って戦うまでだ!

さあ、諸君もストレスと戦おう! ストレスに人生を奪われるな!

武運を祈る。

他の記事を読む(記事一覧へ)



おすすめの記事