ストレッサー将軍
体に合う衣類がない! ちくしょうめ!

おれは骨格がおかしい。

だから、なかなか体に合う衣服がない。

衣服は常に身にまとうものなので、合わないと二十四時間常にストレスに襲われることになる。

想像して欲しい。

それはつまり、二十四時間だれかに針でチクチク刺され続けているようなものだ。

そんな状態で笑えるだろうか? 仕事に集中できるだろうか? 旅行を楽しめるだろうか?

だから、我々ストレス戦士にとって、衣服ストレスを改善することは最重要課題である。

今回はおれのインナーTシャツのストレスについて語ろう。

おれはずっと、Mサイズのちょっとタイトなインナーシャツを着ていた。

しかし、ある日

「あれ? なんか少し、締め付けがキツいぞ……」

ということに気づいてしまった。

気づいてしまった以上、ストレスが発生する。

常にインナーTシャツの圧迫感が気になって、仕事に集中できない、友と笑えない。

ストレスにこれ以上時間や集中力を奪われるわけにはいかない!

おれはすぐに服屋に行き、LサイズのインナーTシャツを買った。サイズが小さいから圧迫感があるのだと思ったから。

そして、それを着て、意気揚々と職場へと向かった。

これでインナーシャツストレスから解放される。そう、希望を抱きながら……。

しかし、悲劇はここから始まる。

Lサイズのインナーシャツを着て、働き始めて数分で、違和感がおれを襲う。

「あれ? なんか着心地悪くね?」

そう、少し大きめのLサイズなら大丈夫だろうと思っていたが、それは間違いだった。

Lサイズは布が多い分、重くなる。それに、布が余り、余った布が肌に当たる感覚が、ひじょーに不快だった。

Lサイズのインナーシャツを着て気づいたのは

「ある程度肌に密着しているくらいのサイズ感じゃないと、ストレスを感じる」

ということであった。

MもだめLもだめ。じゃあ、どないせいっちゅうねん!

ストレスお得意の『理不尽な二択』である。

どちらを選んでも、結局ストレスに蝕まれる。

それが、おれの人生なのだ(´д`)アバ-

<br>
結局、その後、いろんなメーカーのインナーシャツを買いあさり、ようやくおれの肌に合うものを見つけたよ。おかげで、たくさんの軍資金が消えたよ(´д`)トホホ

服のサイズ感は非常に重要なファクターである。

諸君も服を選ぶときは、大きすぎず、小さすぎず、ジャストフィットの服を買うようにして欲しい。

諸君の衣服ストレスがなくなることを切に願う。

記事一覧へ

スマホでも簡単入力 BigBoss クイック口座開設

BigBoss クイック口座開設

【アフィリス】注目の海外FXでアフィリエイト

アフィリス パートナー募集

おすすめの記事