ストレスお得意の理不尽な二択。どっちを選んでもストレスが発生する。

髪の悩みは尽きない。

おれは基本、髪の毛は長めの方が好きだ。長めの方が似合っているし、カッコイイ! と思っている。

しかし、髪の毛が長くなると、ストレスが発生する。

長髪ストレスの発生である。

まず、前髪がウザい。前髪が気になって仕事や勉強や遊びに集中できなくなる。

次に、もみあげがウザい。嵐が過ぎ去ったのか? とツッコミたくなる有様である。鏡を見る度にストレスである。

さらに、襟足がウザい。襟足は自分ではよく見えないので、長い間放置してしまいがちだ。そしたらこの前、職場の同僚に「将軍さん、髪の毛伸びましたね。襟足すごいですよ」と言われてしまった。

ハートブレイクである!

 豆腐メンタルのおれはその言葉が気になって気になって、すぐに家に帰ってバリカンを握っていた。

――気がつくと、短髪になっていた。

これで、長髪ストレスとはおさらばだ! と思いきや、今度はヤツがやってくる。

そう、短髪ストレスである。

基本、短髪は似合わないと思っているし、カッコワルイと思っているので、その時点でストレスである。

それに、短髪はなんだかスースーするし、襟足部分に風が当たるとなんかソワソワするからストレスだ(この感覚をわかってくれる人はいるのだろうか?)

あと、短髪にすると、髪が立ってしまい、ツンツンしてしまう。なんかそれもイヤなの!

ほんと、神経質で人目ばかり気にして、こんな性格イヤになる。髪型なんか気にしなければいいのに! でも気になるの!

結局、髪が短くても長くてもストレスなのである。ストレスお得意の理不尽な二択である。

頭髪ストレスのせいで、仕事に集中できない。友達と楽しく遊べない。

そうやって、ストレスはおれの人生を奪う。

おれはそんな人生がイヤになった。だから、ストレスと戦うと決めたのだ!

と、いうことで、美容室に行ってきます。

さすがにプロに任せれば大丈夫っしょ!

――しかし、その甘い考えが新たなストレスを生むとは、このときのストレッサー将軍は気づきもしないのでした……。

美容室とストレスの話に続く

他の記事を読む(記事一覧へ)

おすすめの記事