ストレッサー将軍
自分だけじゃなく、パートナーも守るために、検査をしよう。

エイズについて知ろう

おれは薬剤師である。

そのため、エイズについて多少だが、学んでいる。

エイズとは、HIV( ヒト免疫不全ウイルス )による後天性の免疫不全症候群のことである。

今のところ、完治できる薬は開発されていないが、抗HIV薬をちゃんと飲むことで、発症を抑えることが可能になっている。

実際に検査を受けてみた

感染経路の一つに性行為がある。

おれは少し心配だったので、検査を受けることにした。

おれが検査を受けたのは、東京のとあるクリニック(クリニックの許可をもらってないので、あしからず)

そのクリニックでは、事前予約は必要なかった。予約なしで行けるのは検査を受けるハードルが下がるのでありがたい。

そのクリニックでは即日検査と、3~4日後に結果がわかる精密検査の二種類があった。

即日検査は約8000円。自由診療なので、保険は効かない。

精密検査は倍の値段がした(約17000円くらい)。

即日検査でも問題はないが、即日検査では1パーセントくらいの人が偽陽性(エイズじゃないのに陽性反応が出てしまう)になることがあるらしい。

そのため、陽性反応が出た場合はもう一度確定検査が必要になるが、陰性であれば問題ない、という説明だった。

今回は即日検査を選択した。

まず、問診票を書いた。

感染が疑われるような行為をいつしたか? 何か持病はあるか? アレルギーはあるか? といった内容だ。

問診票を書いたら、呼ばれるのを待つ。ちゃんとプライバシーに配慮しており、名前ではなく番号で呼ばれる。

呼ばれたら、医師の簡単な診察を受け、採血をする。注射は少しチクッとした。

それから二十分ほど待合室で待つ。約二十分で検査の結果がでる。はやい。

検査結果が出たら呼ばれるので、再び医師の元へ行き、陽性か陰性か、検査結果の説明を受ける。

今回の結果は、陰性だった。ひとまず安心である。

知らなかったではすまされない

エイズは早期発見が重要である。また、エイズかもしれないと不安に思っているのなら、検査を受けて安心する、というのも大事なことだと思う。

また、真剣に結婚や妊活のことを考えるのなら、絶対に検査をするべきだと思う。特に、風俗に通っていた人は必ず検査を受けるべきだ。

知らなかったで、感染させてはいけない。

自分だけでなく、相手の人生も変えてしまう。

大丈夫だろう、で済ませてはならない。

少しでも心配な人は、検査を受けよう。

ちなみに、保健所でも検査を受けることができる。保健所で受ける場合は無料で受けられる場合が多いが、予約の電話が必要だったり、検査可能な日が決まっていたりする(毎週火曜日だけ、みたいな感じで)。詳しくは最寄りの保健所に問い合わせるといい。

また、自己採血キットも販売されており、自分で採血して、採血したものを郵送して、ネットで結果を知ることもできる。

自分だけでなく、大切な人を守るために、検査を受けよう。

記事一覧へ

BigBoss クイック口座開設

アフィリス パートナー募集

おすすめの記事