試さなくてもいいのに……。

おれは何でもすべて試さないと気がすまない性分なのである!

そのため、消費がハンパない。マジ、ハンパない(´д`)

ボールペン一つ選ぶのでも、店にあるすべてのメーカーの0.5ミリ、0.7ミリ、1ミリをすべて試して、ようやく、”一つ”を決められる。

このボールペンいいなぁ。でも……他のボールペンはもっといいかもしれないなぁ……。

と、考えてしまうのだ。

そして、この考えはすべてのボールペンを試すまで消えてくれない。ずっと脳髄の片隅にウ○コみたいにこびりついて離れないのだ。

それはつまり、思考の何割かをストレスに奪われているということだ。

おれは思考の何割かを奪われた状態で、ミスのできない仕事をしなければならない。いつも以上に気を遣うので普段の倍疲れる。

おれは思考の何割かを「ほかのボールペンはもっと書き心地がいいかもしれないなぁ……」という考えに支配されながら、女性を口説かなければならない。そんなの、失敗するに決まってる(おれがモテないのはストレスのせいだ! そうに決まっている! そういうことにしてくれ!)

とにかく、すべてのパターンを試さないと、キモチワルイというか、そわそわしてしまうというか、ストレスなのだ。

そのため、結局すべてのパターンを取りそろえてしまう。

すべてのパターンを取りそろえるためには、お金がいる。

消費である。浪費である。散財である。

しかも、もったいないことに、選ばれなかった商品は、すべて使っていない。捨てている。

ただ試すためだけに、買っている。ただ試すためだけに、無駄金を使っているのだ。

ほんと、嫌になる。

ストレスはそうやって、おれに消費を強要する。

おれはストレスの言うとおりに、消費をしてしまう。

このままではストレス消費で破産してしまうので、おれはストレスと戦う。抵抗する。

いつも負けてしまうのだが、戦う意思だけは絶やさないと決めた。

諸君も、戦うのだ。ストレス消費を少しでもいいから減らすのだ。

お金はきっと、将来の君を守ってくれるから。

今のお金は、君が守るんだ。

武運を祈る。

他の記事を読む(記事一覧へ)



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事